現在 花ごよみ のアーカイブを表示しています

西多摩の寺を彩るハギ(青梅市、あきる野市)

2015年8月26日 (花ごよみ)

 秋の七草のひとつ、ハギ。9月中旬から下旬が例年の見頃時期だ。
 青梅市柚木町の即清寺山門前では、一般的な赤い花のハギが見られる。

ハギ 即清寺

ハギ 即清寺


 一方、あきる野市横沢の大悲願寺では、白ハギが楽しめる。良く知られた伊達政宗所望のハギである。本堂前の庭もとより、横沢入に向かう寺裏手の道にも多く植えられている。
白ハギ 大悲願寺庭

白ハギ 大悲願寺庭

白ハギ 大悲願寺裏手

白ハギ 大悲願寺裏手

7月~8月に西多摩で見頃となる花スポット

2015年7月7日 (花ごよみ)

7月~8月に西多摩で見頃となるお奨めの花スポットを纏めてみた。
●キキョウ(玉林寺、あきる野市)
あきる野市五日市の玉林寺では、今年もキキョウが清楚な花を開いている。五日市七福神「秋の七草めぐり」で、玉林寺はキキョウが見られる寺となっている。9月頃まで楽しめる。

キキョウ(玉林寺)

キキョウ(玉林寺)


●ダリア(河川公園、あきる野市)
あきる野市五日市の河川公園南の「あゆみ橋」の両袂に、ダリアが植えられていて、今年も見頃になりつつある。白と赤が中心で、ピンクのものもある。ダリアは長く花が楽しめる。これから咲き揃い、10月頃まで楽しめる。
ダリア(あゆみ橋周辺)

ダリア(秋川橋河川公園 あゆみ橋付近)


●大賀ハス(根がらみ前水田、羽村市)
チューリップ畑で知られる羽村市の根がらみ前水田では、7月中旬から8月上旬にかけて、大賀ハスが花を開く。例年、8月1日早朝に、ハスの花から注いだお酒やジュースを飲む「観睡会」が催される。
大賀ハス(根がらみ前水田)

大賀ハス(根がらみ前水田)


●百日紅(檜原街道、あきる野市)
JR武蔵五日市駅から小中野信号(子生神社前)の間の檜原街道は、両側の歩道が百日紅並木となっており、7月下旬から9月中旬にかけ、白やピンクの花笠のようになる。この時期、あまり並木道の花は見られないので、有難い。例年、夜のライトアップもされる。
百日紅(檜原街道)

百日紅(檜原街道)


●レンゲショウマ(御岳山、青梅市)
 7月下旬から9月にかけて、青梅市の御岳山ではレンゲショウマが群生し、可憐な花を咲かせる。群生地は富士峰園地北側斜面。ケーブルカー御岳山駅より徒歩5分程の場所。約5万株が花を付けるこの群生は日本随一の規模と言われている。
レンゲショウマ(御岳山)

レンゲショウマ(御岳山)

西多摩のアジサイ

2015年5月16日 (花ごよみ)

 西多摩でアジサイが楽しめるスポットとして、東京サマーランドのあじさい園、塩船観音寺と霞丘陵自然公園、あきる野市深沢の南沢あじさい山が、良く知られている。いずれも、規模が大きくアジサイを見ながらの散策が楽しめる場所だ。東京サマーランドは雪山のような純白のアナベルの丘が人気。塩船観音寺は仁王門と阿弥陀堂間の参道のアナベルが美しし、アジサイ園もある。
 一方、規模は小さいが、あきる野市地蔵院の両側に白、青、薄紫のまだら模様にアジサイが咲く参道は、気品ある美しさが楽しめる。

地蔵院(あきる野市雨間)

地蔵院(あきる野市雨間)

 地蔵院は境内にあるカゴの木(通称「ナンジャモインジャの木」、都の天然記念物)が有名であるが、カヤの大木、春の枝垂れ桜など、四季折々楽しめる。
 地蔵院は鎌倉初期(承久3年、1221年)の開創という古刹で、川崎の渡し(羽村)で多摩川を渡った鎌倉街道が、この寺の門前を通り、すぐ南方の雨間の渡しに向かった。また、五日市街道の前身といえる伊奈道もこの門前を通るコースがあったという説もある。今も北西の現在の睦橋通り下の段丘あたりから湧いた水がこの伊奈道に沿って小川となって地蔵院の前を流れ、ここから鎌倉街道に沿うように南に向きを変え、秋川との間に広がる農地の脇を流れている。当時の旅人が見たであろう風景が今も残っている感じがする場所である。

カゴの木

カゴの木

カヤの木

カヤの木

門前を流れる小川と枝垂れ桜

門前を流れる小川と枝垂れ桜

西多摩の身近な桜スポット

2015年3月27日 (花ごよみ)

(1)桜並木
 西多摩で見事な桜が楽しめるスポットは数えきれない。その中から、身近な場所をいくつか紹介したい。
 羽村堰,や福生市の多摩川土手の桜並木はあまりにも有名。多摩川沿いの桜並木としては、青梅市釜の淵公園も見事だ。秋川沿いの桜並木としては、あきる野市の引田や雨間地区の北側土手は、桜を愛でながらの散策が楽しめる。平井川沿いにも、日の出町塩田町民グランド付近、あきる野市平高橋と多西橋間には、古木の並木が続き、散策に最適な遊歩道となっている。川沿い以外の桜並木としては、あきる野市大悲願寺裏手の桜並木は濃いピンクが印象的。また、秋留台公園のグラウンド周りの桜並木は爽やかだ。
●多摩川沿い

羽村堰・玉川上水沿い
2015.4.2

2015.4.2


永田橋~睦橋
2015.4.2

2015.4.2


釜の淵公園
釜の淵公園

宮の下運動公園・阿蘇神社参道脇
2015.4.2

2015.4.2

●秋川沿い
一の谷小学校

秋川 一の谷小学校

小庄の桜
2015.4.2

2015.4.2


東秋留橋下流
2015.4.1

2015.4.1

●平井川沿い
平高橋~多西橋・草花公園

2015.4.1

2015.4.1


塩田耕地堤
2015.4.2

2015.4.2

●その他
大悲願寺裏手

大悲願寺裏手

都立秋留台公園
写真 あきる野市提供

写真 あきる野市提供


秋川キララホール北(さくら通り)
2015.4.1

2015.4.1


都立小峰公園(旧八王子道尾根)
小峰公園桜尾根

あきる野カトリック教会・墓地
カソリック墓地

(2)寺社境内の枝垂れ桜
 西多摩各地の寺や神社には、一本の木で並木に劣らぬ感動を呼ぶ枝垂れ桜が多い。青梅市では金剛寺、梅岩寺、宗泉寺など。あきる野市では龍珠院、広徳寺、眞城寺、出雲神社、地蔵院、大光寺など。龍珠院やその周辺は枝垂れ桜が何本もあり、ミツバツツジや菜の花も咲き揃い、絵のような風景だ。

金剛寺
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

梅岩寺
梅岩寺

宗泉寺
宗泉寺

新町御嶽神社
2015.4.2

2015.4.2


龍珠院
龍珠院

広徳寺

眞城寺
眞城寺

出雲神社
出雲神社

大光寺
大光寺

地蔵院
地蔵院2015.4.1

2015.4.1


宝清寺
2015.4.1

2015.4.1


普門寺
2015.4.2

2015.4.2


開光院

(3)その他
 並木や寺社境内の枝垂れ桜以外にも、感動的な桜の風景に各所で出会うことができる。あきる野市光厳寺には、樹齢400年といわれるヤマザクラの古木がある。また、桜が美しい公園も多い。

都立小峰公園(ビジターセンター近く)
小峰公園

正一位岩走神社付近(旧五日市街道沿い)
旧五日市街道 岩走神社付近b

五輪坂下(旧五日市街道沿い)
五輪坂下

網代(古甲州道沿い)
2015.4.2

2015.4.2


JR秋川駅南口
秋川駅南口b

光厳寺
光厳寺b

六道山公園

狭山池公園

西多摩のカタクリ群生地

2015年3月26日 (花ごよみ)

 3月下旬から4月上旬にかけ、西多摩各所でカタクリの花が見られる。桜の開花情報が聞こえ始める頃である。西多摩で、規模が大きく、良く知られるカタクリ群生地は、瑞穂町狭山池緑地「さやま花多来里(かたくり)の郷」、あきる野市の切欠(きっかけ)、それに青梅市天祖神社北斜面など。
 カタクリは朝から花弁が開き初め、夕方には閉じる。良く晴れた暖かい日の日中に訪れるのが良い。
●さやま花多来里(かたくり)の郷(瑞穂町)
 さやま花多来里の郷は、狭山池緑地の北西斜面。狭山神社の裏手になる。時期には駐車場も設けられる。珍しい白い花弁のカタクリも見つかる。詳しくは瑞穂町ホームページ参照。

瑞穂町さやま花多来里の郷

瑞穂町さやま花多来里の郷


●あきる野市切欠(きっかけ)(あきる野市)
 あきる野市切欠(きっかけ)は、睦橋(むつみばし)通りから雨間(あめま)で南下し、秋川を渡ったところで直ぐ左折。秋川グリーンスポーツ公園前から南西に向かう坂道を入り、また直ぐ左に入る(車は通れない)。秋川を臨む北側斜面。場所は少々分かりにくいので、出掛ける前に地図で良く調べて行くことをお奨めする。
あきる野市切欠

あきる野市切欠


●青梅市天祖神社(青梅市)
 青梅市天祖神社は、調布橋から秋川街道を南に進み、民家が無くなるあたりの右手にある。長い石段が目印。カタクリは山の北側斜面で、石段前の道を北西に入る車道から見ることになる。
青梅天祖神社北斜面

青梅天祖神社北斜面

福生神明社境内の梅が見頃(福生市)

2015年3月14日 (花ごよみ)

 福生市の福生神明社境内の梅が見頃である(3月14日)。早く咲き始めるピンクの梅に加え、本堂前の濃い赤い梅も見頃となった。境内は甘い梅の香で包まれている。福生神明社は、明治7年に、周辺集落の氏神を集める「神寄せ」により創建されたもの。菅原道真など7つの祭神が祀られている。梅の名所として知られる。

神明社

神明社

神明社

神明社

神明社

神明社

神明社

神明社

境内を包む梅の香、徳雲院(あきる野市乙津)

2015年2月25日 (花ごよみ)

 武蔵五日市から西方に向かう檜原街道を十里木の信号で離れ、養沢川に沿った道を北上すると、ほどなく左手の谷合に臨済宗のお寺「徳雲院」が見えてくる。広い境内や周辺は梅の木100本を超える梅林になっており、早春には白やピンクが霞のようにたなびき、梅の香に包まれる。3月中旬から4月上旬が例年の見頃。広い梅林を持つ寺としては、あきる野市はもとより、西多摩でも屈指といえよう。梅の木の根元には白い可憐なアズマイチゲの花が咲き、合わせて目を楽しませてくれる。境内沿いには養沢川が流れ、夏のホタルも良く知られている。
 徳雲院は戦国時代の開山。元は対岸の山の麓にあったといわれる。境内には江戸時代の石碑など歴史を感じさせるものがある一方、長崎平和祈念像で知られる北村西望102才の時の書を刻んだ現代的な姿の慈母墓観像、近くの小宮小学校でかつて教師を務めた地元ゆかりの歌人三ヶ島葭子(みかじまよしこ)の歌碑(平成21年落成)と、最近のものも多く、今に生きる寺を感じさせる。境内には座禅の奨めで有名な先代住職加藤耕山が95才で他界する直前の筆による「喝」の1字を刻んだ石碑もある。他界直前とは思えぬ力に満ちた字だ。

徳雲院

徳雲院

徳雲院境内の梅林

徳雲院境内の梅林

徳雲院本堂

徳雲院本堂

慈母観音像

慈母観音像

三ヶ島葭子歌碑

三ヶ島葭子歌碑

耕山塔

耕山塔

春に向かう予感、蝋梅(ろうばい)の蕾(つぼみ)と花(青梅市梅郷)

2015年1月21日 (花ごよみ)

 真冬の一番寒い季節、蝋梅(ろうばい)が蕾(つぼみ)を膨らませ、やがて小柄な黄色い花を咲かす。花の形や、強い香りを放つことが梅に似ていて、梅という字が付けられているが、梅の仲間ではなく、ロウバイ科ロウバイ属の木だ(梅はバラ科サクラ属の木)。蝋梅は梅より早く、1月から2月に花を開く。蕾もなかなか風情がある。
 プラムポックスウイルス(PPV)拡大防止のため、全ての梅の木が伐採された青梅市吉野梅郷の「梅の公園」。その正面口には蝋梅が多く植えられている。梅の仲間ではないので、プラムポックスウイルスには関係がなく、伐採されていず、今年も美しい花が開き始めた。
 梅の公園北方の多摩川沿いには、200m程に渡って地元の人によって蝋梅が植えられ、ここも花が咲き始めている。
 青梅市では、梅郷とその周辺の梅の木が多く伐採されたが、全て伐採された、ということではない。例えば、梅郷に近い畑中の地蔵院にある樹齢300年といわれ、この地域で最も古い株の一つとされる「宝珠梅」の古木は健在である。青梅という地名の由来といわれる金剛寺の「将門誓いの梅」も健在である。
 残された梅の木や、梅に似た蝋梅は、今年も青梅の早春を彩ることになる。

蝋梅(梅郷梅の公園)

蝋梅(梅郷梅の公園)

蝋梅(梅郷多摩川沿)

蝋梅(梅郷多摩川沿)

山茶花、寒椿の生垣のある風景

2014年12月24日 (花ごよみ)

 紅葉が終わって街から華やかな色が無くなる季節。この時節に白、赤、ピンクの花を咲かせる山茶花は有り難い。山茶花の原産地は日本であり、大昔から日本の冬を彩ってきた花だ。生垣として使われることが多く、日本らしい風景を演出する花ともいえよう。
 同時期に咲く寒椿は、椿というよりむしろ山茶花の一種であり区別がつきにくい。ここでは山茶花で大括りにしたい。
●瑞穂町の円福寺は山茶花の生垣が境内を囲っている。境内の中にも山茶花の生垣が広がっており、あたかも山茶花の寺だ。円福寺はJR箱根ヶ崎駅の約400メートル北東にある。

円福寺

円福寺

円福寺境内

円福寺境内

山茶花

山茶花


●青梅市の釜の淵公園にある国の重要文化財の古民家「旧宮崎家住宅」。その生垣が山茶花。旧宮崎家住宅は一般的な農民の家で、19世紀初頭に建てられたものと考えられている。元は成木にあった家で、昭和54年に、ここ青梅市郷土博物館近くに移築された。茅葺の古民家と山茶花の生垣が良く溶け合い、日本の原風景を味わうことができる。釜の淵公園はJR青梅駅の約1キロメートル南方にある。
旧宮崎家住宅

旧宮崎家住宅


●先日開催した街プレ主催の西多摩の自然と歴史を巡る旅「秋留台地の自然、歴史めぐり」で寄ったあきる野市の「渕上の石積井戸」も山茶花の生垣で囲まれ、赤い花が美しかった。ここも、日本の原風景の中での山茶花といえる。
石積井戸

石積井戸

美しいシクラメンに満たされた温室が点在(瑞穂町)

2014年12月10日 (花ごよみ)

 毎年この時期になると、「シクラメン街道」とも呼ばれるJR箱根ヶ崎駅西方の岩蔵街道沿いを中心に、瑞穂町各所の広い温室が美しいシクラメンで満たされ、直売も行われる。11月中旬から12月下旬にかけて。瑞穂町認定「みずほ育ちのシクラメン」だ。瑞穂町は都内最大のシクラメン生産地。赤、白、ピンクと様々な色と形のシクラメンが楽しめる。華やかな色の花が街や野原から消えるこの季節にとって、嬉しい光景だ。
 「みずほ育ちのシクラメン」は、長く咲き続けるシクラメンとして知られ、この時期、クリスマスや冬の屋内に飾る鉢を買い求める人で賑わう。直売は30年の歴史がある。農家によって栽培している品種が異なるので、いくつかの温室をはしごするのも一つの楽しみ方といわれる。
 直売所の情報は瑞穂町のホームページに掲載されている。

園芸店電話番号住所
長谷部園芸090-3213-7269瑞穂町大字長岡長谷部118
中垣園芸042-556-1771瑞穂町大字長岡長谷部162
西村園芸042-557-3553瑞穂町大字箱根ケ崎1163
吉岡園芸店042-556-1450瑞穂町大字箱根ケ崎751
杉田園芸042-557-3034瑞穂町大字長岡長谷部138
比留間園芸042-557-4498瑞穂町大字箱根ケ崎1009-1
吉岡園芸042-557-4803瑞穂町大字箱根ケ崎1333-2
栗原園芸042-556-3160瑞穂町大字駒形富士山21

シクラメン街道

シクラメン街道