現在 花ごよみ のアーカイブを表示しています

サルスベリのある寺(あきる野市、青梅市)

2017年7月27日 (日記, 花ごよみ)

 西多摩の多くの寺には百日紅(サルスベリ)が植えられていて、真夏の境内を華やかに彩る。百日紅はその名のとおり、7月から10月にかけて長期に花を楽しめる。百日紅は江戸初期に中国から伝来し、主に寺の境内に植えられた。一説には、仏教三大聖木である無優樹(ムユウジュ、別名アショーカ、釈迦が生まれた所にあった木)に似ていたので、代用され広まったといわれる。
●宝蔵寺(あきる野市菅生)
 宝蔵寺(尾崎観音の名で知られる)は、境内の各所に赤やピンクの百日紅が植えられていて、この時期、美しい百日紅が楽しめる西多摩の代表的な寺である。本堂前の百日紅は巨木ともいえる大きな木だ。

宝蔵寺

宝蔵寺


●眞城寺(あきる野市上代継)
 眞城寺は、本堂前の庭の正面に一本の百日紅の巨木がある。赤い花を付ける百日紅。
眞城寺

眞城寺


●明光寺(あきる野市伊奈)
 明光寺は美しい枝垂れ桜で知られる寺であるが、本堂前の庭の真ん中に一本の百日紅の大樹が植えられている。百日紅を中心に据えた庭造りとなっている。
明光寺

明光寺


●聞修院(青梅市黒沢)
 聞修院は趣ある萱葺き屋根の本堂や境内の植物の美しさで知られる寺。山門前の橋の袂に百日紅が植えられていて、境内の緑に百日紅の赤い花が映える。
聞修院

聞修院


●薬王寺(青梅市今井)
 薬王寺は塩船観音寺と並んで春のツツジで知られる寺。本堂前庭の山門よりに百日紅が植えられている。
薬王寺

薬王寺

西多摩のアジサイ名所

2017年6月8日 (花ごよみ)

 6月中旬から7月初旬にかけてアジサイが見頃となる。西多摩でアジサイが楽しめるスポットは、東京サマーランドのあじさい園、塩船観音寺と霞丘陵自然公園、あきる野市深沢の南沢あじさい山、あきる野市地蔵院参道など。それぞれに異なった趣ある風景の中でのアジサイが楽しめる。

●あきる野市引田の東京サマーランドあじさい園は約60種、15,000株のアジサイが咲く。なかでも人気は純白のアナベル。まるで雪山のような眺めだ。アナベルは遅咲きで、7月上旬~中旬が例年の見頃。入園は有料。

東京サマーランドあじさい園

東京サマーランドあじさい園

●青梅市塩船の塩船観音寺は、はともに国指定重要文化財の仁王門と阿弥陀堂間の参道両側がアナベルなどで埋まる。本堂東斜面により広いあじさい園がある。隣接する霞丘陵自然公園のアジサイは松林の足元に広がる。

塩船観音寺

塩船観音寺(仁王門と阿弥陀堂の間)

塩船観音寺アジサイ(あじさい園、2014.6.17)

塩船観音寺(あじさい園)

●あきる野市南沢の南沢あじさい山は、林道両脇と山の斜面を約1kmに渡り埋め尽くす。山の所有者が長年、丹精込めて育てたもの。大自然の中の10,000株のアジサイは見もの。協賛金をポストに入れて入山する。

●あきる野市雨間の地蔵院は参道両側に色とりどりのアジサイが並ぶ。

地蔵院(あきる野市雨間)

地蔵院

●あきる野市乙津の徳雲院は、養沢川に沿った遊歩道にアジサイが並ぶ。

西多摩の桜スポット

2017年3月8日 (花ごよみ)

西多摩では身近に桜を楽しめる場所が多い。その夫々が他にない魅力を持っている。少し足を伸ばして、色々な桜の魅力に触れてみよう。

(1)川沿いの桜並木
 多摩川、秋川、平井川、玉川上水の夫々に、川沿いや土手上の桜並木が楽しめるスポットが多い。
 多摩川沿いでは、羽村堰(羽村市)と永田橋~睦橋間(福生市)の桜並木は良く知られ、多くの花見客で賑わう。釜の淵公園(青梅市)と宮の下運動公園~阿蘇神社参道間(羽村市)は比較的静かに花見が楽しめる。
 秋川沿いでは、あきる野市引田や雨間の北側土手は、奥多摩の山並みを背景にした開放的な河原での桜並木が魅力。
 平井川沿いでは、塩田町民グランド付近が日の出町の代表的名所。平高橋~多西橋間(あきる野市)は両岸の遊歩道が古木並木で被われ、静かに自然を満喫できる場所。

●多摩川沿い
 青梅市

釜の淵公園
釜の淵公園
 羽村市
宮の下運動公園・阿蘇神社参道脇
2015.4.2
羽村堰・玉川上水沿い
2015.4.2
 福生市
永田橋~睦橋
2015.4.2

●秋川沿い(あきる野市)
小庄の桜
2015.4.2
一の谷小学校
秋川 一の谷小学校
東秋留橋下流
2015.4.1

●平井川沿い
 日の出町
塩田耕地堤
2015.4.2
 あきる野市
平高橋~多西橋
2015.4.1
草花公園
草花公園

(2)その他の桜並木
 あきる野市

都立小峰公園(旧八王子道尾根)
小峰公園桜尾根
大悲願寺裏手
大悲願寺裏手
あきる野カトリック教会・墓地
カソリック墓地
都立秋留台公園
11.あきる台公園
秋川キララホール北(さくら通り)
2015.4.1

 福生市
法務局北側道路
東京法務局西多摩支局北の道

 日の出町
平井中学校周辺
15.平井中学校周辺

(3)寺社境内の枝垂れ桜など
 西多摩各地の寺や神社には、一本の木で並木に劣らぬ感動を呼ぶ枝垂れ桜が多い。青梅市では金剛寺、梅岩寺、宗泉寺など。あきる野市では龍珠院、広徳寺、眞城寺、出雲神社、地蔵院、大光寺など。龍珠院やその周辺は枝垂れ桜が何本もあり、ミツバツツジや菜の花も咲き揃い、絵のような風景だ。

 青梅市

海禅寺
金剛寺
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
梅岩寺
梅岩寺
宗泉寺
宗泉寺
新町御嶽神社
2015.4.2

 あきる野市
龍珠院
龍珠院
光厳寺
光厳寺b
広徳寺
眞城寺
眞城寺
出雲神社
出雲神社
大光寺
大光寺
地蔵院
地蔵院2015.4.1
宝清寺
2015.4.1
普門寺
2015.4.2
開光院

 福生市
清岩院
清岩院
熊川神社
熊川神社

 瑞穂町

阿豆佐味天神社
(4)その他
 並木や寺社境内の枝垂れ桜以外にも、感動的な桜の風景に各所で出会うことができる。

 あきる野市

都立小峰公園(ビジターセンター近く)
小峰公園
正一位岩走神社付近(旧五日市街道沿い)
旧五日市街道 岩走神社付近b
網代(古甲州道沿い)
2015.4.2
JR秋川駅南口
秋川駅南口b

 瑞穂町
六道山公園
狭山池公園

西多摩の梅と桃の名所

2017年2月22日 (花ごよみ)

●境内を包む梅の香り(福生神明社、福生市)
 梅の名所として知られる福生駅北西の福生神明社。境内全体が多種類の梅で彩られる。例年、野点(のだて)も行われ、花見客で賑わう。駅から近いので、西多摩で最も気軽に足を運べる梅見場所のひとつ。2月下旬から3月初めが例年の見頃。

福生神明社

福生神明社


●霞のようにたなびく境内の梅(徳雲院、あきる野市)
 檜原街道を十里木の信号で離れ、養沢川に沿った道を北上すると、ほどなく左手の谷合に座禅会で知られる徳雲院が見えてくる。広い境内や周辺は100本を超える梅林になっており、早春には白やピンクが霞のようにたなびき、梅の香に包まれる。3月中旬から4月初めが例年の見頃。
徳雲院

徳雲院


●小高い丘をピンクに染める花桃(安楽寺、青梅市)
 3月下旬に、見晴らしの良い小高い丘が花桃のピンクで覆われる。青梅市成木にある真言宗のお寺、安楽寺だ。丘を越えると飯能市。埼玉県との境にある自然豊かな場所にある、広い境域を持つお寺だ。昔から「成木の軍荼利(ぐんだり)さん」と呼ばれてきたお寺で、鎌倉時代前期以前の作と考えられている「軍荼利明王像」が安置されている。行基の作という伝えがあり、地名「成木」の由来という説もある仏像で、年に一度、8月14日に開帳される。
 本堂前の大スギ(都天然記念物)も見応えがある。安楽寺へは、東青梅駅から、小曽木循環バスで、成木一丁目自治会館前下車。
安楽寺

安楽寺

西多摩の寺で百日紅が見頃!

2016年8月16日 (花ごよみ)

 西多摩の多くの寺では百日紅が植えられていて、今年も華やかに境内を飾っている。百日紅はその名のとおり花を楽しめる期間が長く、9月いっぱい程まで楽しめる。
●宝蔵寺(あきる野市菅生)
 あきる野市菅生の宝蔵寺(尾崎観音の名で知られる)は、境内の各所に赤やピンクの百日紅が植えられていて、この時期、美しい百日紅が楽しめる西多摩の代表的な寺である。本堂前の百日紅は巨木ともいえる大きな木だ。

宝蔵寺(2016.8.6)

宝蔵寺(2016.8.6)

宝蔵寺(2016.8.6)

宝蔵寺(2016.8.6)


●眞城寺(あきる野市上代継)
 あきる野市上代継の眞城寺は、本堂前の庭の正面に一本の百日紅の巨木がある。赤い花を付ける百日紅だ。
眞城寺(2016.8.7)

眞城寺(2016.8.7)


●明光寺(あきる野市伊奈)
 あきる野市伊奈の明光寺は美しい枝垂れ桜で知られる寺であるが、本堂前の庭の真ん中に一本の百日紅の大樹が植えられている。百日紅を中心に据えた庭造りになっている。
明光寺(2016.8.8)

明光寺(2016.8.8)


●聞修院(青梅市黒沢)
 青梅市黒沢の聞修院は趣ある萱葺き屋根の本堂や境内の植物の美しさで知られた寺。山門前の橋の袂に百日紅が植えられていて、境内の緑に百日紅の赤い花が映える。
聞修院(2016.8.14)

聞修院(2016.8.14)


●その他の寺境内の百日紅
薬王寺

薬王寺(2016.8.14)


塩船観音寺(2016.8.14)

塩船観音寺(2016.8.14)

7月から8月に西多摩で見頃となる花のスポット

2016年7月14日 (花ごよみ)

●ダリア(秋川橋河川公園、あきる野市)
 五日市駅南方の秋川橋河川公園南の「あゆみ橋」の両袂にダリア園があり、見頃になっている。白と赤が中心でピンクも混じる。花の期間は長く、10月頃まで楽しめる。

ダリア(河川公園)

ダリア(河川公園)


●キキョウ(玉林寺、あきる野市)
 キキョウは絶滅危惧種。草地に生える野生のキキョウはめっきり減ってきた。生えていた場所も、1回の草刈で消滅してしまうことが多い。あきる野市五日市の玉林寺は、五日市七福神「秋の七草めぐり」でのキキョウの寺。本年も良く整った庭と駐車場に、紫と白、また八重の種類も植えられ、見頃となっている。花は9月頃まで楽しめる。
 青梅市では吹上しょうぶ公園に植えられている。
八重のキキョウ(玉林寺駐車場)

八重のキキョウ(玉林寺駐車場)

●大賀ハス(根がらみ前水田、羽村市)
 チューリップ畑で知られる羽村市の根がらみ前水田では、7月中旬から8月上旬にかけて、大賀ハスが花を開く。8月6日(土)6:30~8:00には、ハスの葉に注いだお酒やジュースを飲む荷葉杯(かようはい)、野点など、恒例の観蓮会が催される。

大賀ハス(根がらみ前水田)

大賀ハス(根がらみ前水田)

●百日紅(あきる野市他)
 樹に咲く華やかな花として、この季節の百日紅(サルスベリ)はありがたい。あきる野市は百日紅を良く見かける場所だ。JR武蔵五日市から小中野交差点までの檜原街道約2kmには百日紅並木が続き、「百日紅まつり」が真夏の風物詩となっている。また、境内に百日紅の大樹がある寺が多い。西方から挙げていくと、五日市の玉林寺、横沢の大悲願寺、伊奈の明光寺、上代継の眞城寺、尾崎観音として知られる菅生の宝蔵寺、野辺の新開院、などである。
 青梅市の薬王寺(今井)、聞修院(黒沢)、塩船観音寺(塩船)、福生市の千手院(熊川)なども、美しい百日紅が見られる寺だ。
 花は7月下旬から9月に楽しめる。百日紅という字も、長く花を付けるところからきたといわれる。

百日紅(新開院)

百日紅(新開院)

西多摩のツツジ名所と行事

2016年4月27日 (花ごよみ)

●塩船観音寺(青梅市塩船)
 西多摩の代表的なツツジの名所は青梅市塩船の塩船観音寺。塩船の名の由来となったすり鉢状の斜面全体が様々な色合いのツツジの細かなパッチワークとなる。ツツジの期間、入山は有料。5月1日~3日には本堂内の本尊千手観音が開扉される。年4回ある開扉期間のひとつ。また、5月3日には例大祭と火渡り荒行が行われ、例年、多くの人が訪れる。

塩船観音寺(青梅市塩船)

塩船観音寺(青梅市塩船)

火渡り荒行

火渡り荒行


●薬王寺(青梅市今井)
 同じく青梅市今井の薬王寺も、より小規模ではあるが、同様なツツジのパッチワークを静かな雰囲気で楽しめる寺である。
薬王寺(青梅市今井)

薬王寺(青梅市今井)

薬王寺(地蔵堂への道)

薬王寺(園内の道)


●妙見宮(日の出町平井)
 日の出町平井の丘陵の上にある珍しい韓国風極彩色の妙見宮周辺にも多くのツツジが植えられている。5月3日には例大祭と「妙見まつり」が催される。別当寺である麓の東光院の庭で、地域の人参加で歌や踊りを楽しむイベントだ。中でも例年韓国民族舞踊団による踊りが披露されるのが特徴である。
妙見宮(日の出町平井)

妙見宮(日の出町平井)

妙見まつり

妙見まつり


●秋留台公園展望台(あきる野市平沢)
 あきる野市の秋留台公園では、展望台まわり全体がツツジで囲まれており、赤、ピンク、白、緑(葉)のパッチワークが楽しめる。
秋留台公園展望台(あきる野市平沢)

秋留台公園展望台(あきる野市平沢)

西多摩の桜スポット

2016年3月24日 (花ごよみ)

西多摩では身近に桜を楽しめる場所が多い。その夫々が他にない魅力を持っている。少し足を伸ばして、色々な桜の魅力に触れてみよう。

(1)川沿いの桜並木
 多摩川、秋川、平井川、玉川上水の夫々に、川沿いや土手上の桜並木が楽しめるスポットが多い。
 多摩川沿いでは、羽村堰(羽村市)と永田橋~睦橋間(福生市)の桜並木は良く知られ、多くの花見客で賑わう。釜の淵公園(青梅市)と宮の下運動公園~阿蘇神社参道間(羽村市)は比較的静かに花見が楽しめる。
 秋川沿いでは、あきる野市引田や雨間の北側土手は、奥多摩の山並みを背景にした開放的な河原での桜並木が魅力。
 平井川沿いでは、塩田町民グランド付近が日の出町の代表的名所。平高橋~多西橋間(あきる野市)は両岸の遊歩道が古木並木で被われ、静かに自然を満喫できる場所。

●多摩川沿い

釜の淵公園
釜の淵公園
宮の下運動公園・阿蘇神社参道脇
2015.4.2
羽村堰・玉川上水沿い
2015.4.2
永田橋~睦橋
2015.4.2

●秋川沿い
小庄の桜
2015.4.2
一の谷小学校
秋川 一の谷小学校
東秋留橋下流
2015.4.1

●平井川沿い
塩田耕地堤
2015.4.2
平高橋~多西橋・草花公園
2015.4.1

(2)その他の桜並木

都立小峰公園(旧八王子道尾根)
小峰公園桜尾根
大悲願寺裏手
大悲願寺裏手
あきる野カトリック教会・墓地
カソリック墓地
都立秋留台公園
11.あきる台公園
秋川キララホール北(さくら通り)
2015.4.1
平井中学校周辺
15.平井中学校周辺

(3)寺社境内の枝垂れ桜など
 西多摩各地の寺や神社には、一本の木で並木に劣らぬ感動を呼ぶ枝垂れ桜が多い。青梅市では金剛寺、梅岩寺、宗泉寺など。あきる野市では龍珠院、広徳寺、眞城寺、出雲神社、地蔵院、大光寺など。龍珠院やその周辺は枝垂れ桜が何本もあり、ミツバツツジや菜の花も咲き揃い、絵のような風景だ。

金剛寺
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
梅岩寺
梅岩寺
宗泉寺
宗泉寺
新町御嶽神社
2015.4.2
龍珠院
龍珠院
光厳寺
光厳寺b
広徳寺
眞城寺
眞城寺
出雲神社
出雲神社
大光寺
大光寺
地蔵院
地蔵院2015.4.1
宝清寺
2015.4.1
普門寺
2015.4.2
開光院
(4)その他
 並木や寺社境内の枝垂れ桜以外にも、感動的な桜の風景に各所で出会うことができる。
都立小峰公園(ビジターセンター近く)
小峰公園
正一位岩走神社付近(旧五日市街道沿い)
旧五日市街道 岩走神社付近b
五輪坂下(旧五日市街道沿い)
五輪坂下
網代(古甲州道沿い)
2015.4.2
JR秋川駅南口
秋川駅南口b
六道山公園
狭山池公園

西多摩の梅の名所

2016年2月24日 (花ごよみ)

●青梅市の梅の名木(金剛寺・地蔵院、青梅市)
 吉野梅郷の梅はウイルスの影響で殆ど伐採されたが、梅郷からそう遠くない畑中地蔵院の樹齢300年という「宝珠梅」(市指定天然記念物)や、青梅の地名の由来として知られる天ヶ瀬金剛寺の「将門誓いの梅」(都指定天然記念物)は無事である。

将門誓いの梅

将門誓いの梅(金剛寺)


宝珠梅(地蔵院)

宝珠梅(地蔵院)

●境内を包む梅の香り(福生神明社、福生市)
 梅の名所として知られる福生駅北西の福生神明社、境内全体が様々な種類の梅で彩られる。例年、野点(のだて)も行われ、花見客で賑わう。駅から近いので、西多摩で最も気軽に足を運べる梅見場所のひとつ。

福生神明社

福生神明社

●霞のようにたなびく境内の梅(徳雲院、あきる野市)
 檜原街道を十里木の信号で離れ、養沢川に沿った道を北上すると、ほどなく左手の谷合に座禅会で知られる「徳雲院」が見えてくる。広い境内や周辺は100本を超える梅林になっており、早春には白やピンクが霞のようにたなびき、梅の香に包まれる。広い梅林を持つ寺としては、西多摩屈指といえよう。

徳雲院

徳雲院

春を予感させる黄色い花々:蝋梅・マンサク・フクジュソウ(青梅市など)

2016年1月28日 (花ごよみ)

●ロウバイ(蝋梅、ろうばい)
 真冬の一番寒い季節、蝋梅(ろうばい)が小柄な黄色い花を咲かす。蝋梅という名前は、蝋細工のような質感の梅に似た花が咲くところからきたといわれる。江戸時代の初めに中国から伝来し、漢名の「蝋梅」がそのまま和名となっている。梅の仲間ではなく、ロウバイ科ロウバイ属の木だ(梅はバラ科サクラ属の木)。1月から2月に花を咲かせる。今年は日当たりの良いところなどでは、1月初旬から満開となっている。なお、英名はずばりWintersweetだ。
 西多摩各地の民家にも多く植えられ、道を歩いていて、その匂いで気が付くことが多い。蝋梅が楽しめる良く知られた場所は、青梅市の、吉野梅郷梅の公園正面口、梅の公園北方の多摩川沿い(好文橋の南東)、畑中の地蔵院、御岳山富士峰園地など。
 関東での蝋梅の名所は埼玉県秩父郡長瀞町の宝登山(ほどさん)。山頂一帯の広い蝋梅園が3,000本の臘梅で黄色に被われる。蝋梅園は眺めが素晴らしい場所で、眼下には秩父の町並みが望め、また武甲山、両神山などの山並みの眺めも楽しめる。山麓からゴンドラロープウェイに乗り、着いた山頂駅の近くから蝋梅園が広がるので、気軽に行け、例年多くの人が訪れる。

ロウバイ

ロウバイ

満開の蝋梅(1月9日、平井川周辺)

満開の蝋梅(1月9日、平井川周辺)

宝登山の蝋梅園(長瀞町)

宝登山の蝋梅園(長瀞町)

●マンサク(万作)
 他に先駆けて花を開くことから、「まず咲く」「まんずさく」が訛って、マンサクとなったといわれる。1月から3月に掛けて黄色い細い花を咲かせる。青梅市御岳山の富士峰園地や山などでみられる。長瀞町宝登山の山頂でも、山頂駅から蝋梅園に至る道脇に、マンサクが楽しめる。

マンサク

マンサク

●フクジュソウ(福寿草)
 雪や霜に覆われた地面から黄色いフクジュソウ(福寿草)が現れるのも、いかにも春に向かう光景だ。西多摩の各地の草地などで良く見受けられる。青梅市では、かつてフクジュソウの栽培が盛んであった。ウイルス感染により梅が伐採された吉野梅郷の梅の公園には、フクジュソウが住民によって植えられ、2月から3月に掛けて、楽しめるようになった。長瀞町宝登山では、山頂駅から蝋梅園に至る道脇にフクジュソウも見掛ける。

フクジュソウ

フクジュソウ