散策レポート:八王子城跡と八王子宿西部の歴史・自然めぐり

2018年1月25日 (街歩き 心の風景)

 昨年の「西多摩と周辺の自然と歴史を巡る旅」新規コース第10弾は「八王子城跡と八王子宿西部の歴史・自然めぐり」。12月13日と15日に開催した。
 八王子という地名の由来は、後に八王子城本丸ができた深沢山山頂に祀られた牛頭天王を中心とする八王子信仰にある。牛頭天王を祀った八王子権現の別当寺が八王子城域の玄関ともいえる宗関寺の起源。現在の宗関寺は、かつて北条氏照の重臣・横地監物の館があった場所で、明治後期に氏照墓がある場所から移された。宗関寺前は現在も鍵の手状になっているが、かつての城に至る道は、さらに南方に向かい、城山川沿いに進んだ....。というような歴史を共有しながら、再現された曳橋や大きな石で造られた虎口など、八王子城跡めぐりを楽しんだ。
 午後は西八王子駅から八王子駅まで、千人同心縁の地、松姫縁の寺などを巡った。八王子宿の西端に千人同心の根拠地が配置された理由、八王子市が日光市、苫小牧市と姉妹都市になった理由なども再確認し、八王子宿西部の歴史散策を楽しんだ。

八王子城跡ー曳橋

八王子城跡ー曳橋

八王子城-虎口

八王子城-虎口


八王子城跡と八王子宿西部コース

八王子城跡と八王子宿西部コース