散策レポート:飯能市の紅葉スポットめぐり

2018年1月1日 (街歩き 心の風景)

 2016年にも開催した「定番散策コース」で、11月15日に開催。能仁寺、展覧山、東郷公園ともに紅葉はちょうど見頃。特に、東郷公園はあちこちが燃えるような紅に染まり、参加者から歓声が挙がる程の美しさであった。
 歴史面では、能仁寺を創建した中山勘解由家範(かげゆいえのり)は、北条氏照第一の家臣。滝山城址東方の少林寺(北条氏照の館跡とされる)近くに家範の館があったと伝わる。飯能市中山はこの中山氏の故郷で、智観寺は中山氏の菩提寺。智観寺付近には家範の館もあったとされる。家範は八王子城陥落時に討死(自刃とも)。八王子城跡近くに北条氏照のものと並んで家範の墓(供養塔)がある。滝山城址は10月の散策で訪れ、八王子城跡は12月の散策で訪れるた。このように、街プレ散策で点から線へと繋がりができ、参加者もより実感が持てたかと思われる。

能仁寺

能仁寺

展覧山

展覧山

東郷公園

東郷公園

東郷公園

東郷公園


飯能市の紅葉スッポトめぐりコース

飯能市の紅葉スッポトめぐりコース