街の探検隊:秀吉の天下統一と檜原城落城(檜原村)

街の探検隊:秀吉の天下統一と檜原城落城(檜原村)

 秀吉による天下統一は、実質、北条氏の小田原城開城に先んじた八王子城攻略(天正18年6月23日)で完成したとされる。八王子城の城代であった横地監物(よこちけんもつ)は、八王子城落城時、北条氏傘下の平山氏が城主として守っていた檜原城に逃れ、再起を伺った。が、檜原城は落城し、最後の城主平山氏重は千足に逃れ、天正18年7月1街の探検隊:秀吉の天下統一と檜原城落城(檜原村)
街の探検隊:河原水田の面影、堰上(せきうえ)明神社(福生市)

街の探検隊:河原水田の面影、堰上(せきうえ)明神社(福生市)

 福生市の北田園(旧福生村)、南田園(旧熊川村)は昭和40年代まで水田が広がっていた場所である。この水田を潤すために種々の取り組みがなされてきた。その一つが永田橋付近での多摩川からの用水引き込みであり、堰上明神社下で堰上げと取水が行われた。取水開始時期は寛政7~8年(1795~96年)とみられている。
 文政8年(1街の探検隊:河原水田の面影、堰上(せきうえ)明神社(福生市)
散策レポート:昭和記念公園と砂川・西砂川の自然・歴史めぐり

散策レポート:昭和記念公園と砂川・西砂川の自然・歴史めぐり

 本年の「西多摩と周辺の自然と歴史を巡る旅」新規コース第3弾は「昭和記念公園と砂川・西砂川の自然・歴史めぐり」。雨天中止もあり5月25日のみの開催となった。
 昭和記念公園では、お目当てであった花の丘を覆うシャーレーポピーは異例の陽気のせいて今年は終了していたが、代わりにブーケガーデンがシャーレーポピーを含め見頃で、散策レポート:昭和記念公園と砂川・西砂川の自然・歴史めぐり
散策レポート:多摩湖畔・狭山湖畔と周辺の自然・歴史めぐり

散策レポート:多摩湖畔・狭山湖畔と周辺の自然・歴史めぐり

 本年の「西多摩と周辺の自然と歴史を巡る旅」新規コース第2弾は「多摩湖畔・狭山湖畔と周辺の自然・歴史めぐり」。4月2日と4日に開催した。全国的に早い桜開花の中、本散策の桜も全体としてはピーク過ぎではあったが、場所や種類によっては、ちょうど見頃のものも多く、春の散策を楽しめた。狭山公園のソメイヨシノは2日は満開。多摩湖自散策レポート:多摩湖畔・狭山湖畔と周辺の自然・歴史めぐり
散策レポート:高尾梅郷と旧甲州街道の自然・歴史めぐり

散策レポート:高尾梅郷と旧甲州街道の自然・歴史めぐり

 本年の「西多摩と周辺の自然と歴史を巡る旅」新規コース第1弾は「高尾梅郷と旧甲州街道の自然・歴史めぐり」。3月12日と14日に開催した。両日とも暖かな天気で、梅もまさに見頃。参加者一同、梅薫る長閑な里山散策を楽しんだ。
 荒井梅林付近は「撮り鉄」人気の場所。遠くに天神梅林を望む。その梅の里の中を丁度、あずさが通過した散策レポート:高尾梅郷と旧甲州街道の自然・歴史めぐり

イベント

  • 3.竹林公園
    ★ 2018年 09月 26日
    参加者募集! 東久留米の湧水・清流と歴史めぐり(9月26日・28日、東久留米市) 

    • [再企画]本年6月に企画したコースの再企画です。前回、多数の参加希望を頂きましたが、雨にて2日とも中止になったため、同一コースでの再企画です。

       東久留米は南隣の小平と異なり、古くから湧水と清流に恵まれた場所。東久留米の地名の由来とされる黒目川の水源は小平霊園内の雑木林にあり、ここは主に東久留米市市域。黒目川の源流部分は通常、水の流れはないが、広い敷地の屋敷や雑木林に囲まれた雰囲気ある遊歩道となっている。 黒目川の支流である落合川周辺には湧水が点在し、清らかな流れと遊歩道があり、市民憩いの場所となっている。


  • 薬師如来坐像(イラスト)
    ★ 2018年 10月 10日
    参加者募集! 武蔵国分寺跡と周辺の歴史、自然めぐり(国分寺市) 

    • [定番散策コース]昨年実施し、好評であったコース。本年も重要文化財薬師如来坐像の年1度の開帳日での開催です。

       奈良時代、全国に建立された国分寺と国分尼寺。その中でも武蔵国分寺・国分尼寺は最大級のものであった。国分寺崖線を背にし、豊かな自然と湧水に恵まれ、太古から人が住んだことを示す遺跡が点在する。しかも東山道武蔵路(とうさんどうむさしみち)が通り、国分寺・国分尼寺建立には最適の場所であった。敷地の北方には、旧国鉄中央鉄道学園跡地が現在広い公園となっており、東山道武蔵路が発掘・再現され、発掘整備中の武蔵国分寺跡と合わせ、あたり一帯が古代を偲ばせる憩の地となっている。


  • 1.絹の道(浜街道)
    ★ 2018年 10月 12日
    絹の道浜街道と片倉城跡の歴史・自然めぐり(10月12日、八王子市) 

    •  八王子は古くから生糸物流の中心地であった。幕末の開港以降、生糸が盛んに輸出されたとき、八王子に集まった生糸を横浜港まで運んだ道が「絹の道(浜街道)」である。片倉城跡の歴史・自然・文化も楽しみます。
      ・街プレ倶楽部 里山めぐり 申し込みページ:bit.ly/satoyama-oubo
      ・街プレ倶楽部 会員登録はこちらから:bit.ly/machipre_club

      ・開催日:10月12(金) 雨天中止
      ・定員20名
      ・集合:JR横浜線・八王子みなみ野駅改札口付近9:20
      (例:拝島駅八高線八王子行き8:44発、八王子駅乗り換え)
      ・解散:JR横浜線・片倉駅16:00頃
      ・ランチ:「和の食 みの原」で「プレートランチ」
      ・コース長:約6.3km
      ・参加費:3,500(ランチ、保険料、ガイド料等)
        路線バス移動あり:八王子みなみ野駅→坂上、多摩美術大学→橋本駅北口
          バス代合計360円(各自)
        JR移動あり:橋本駅→片倉駅、170円(各自)
      ・申込方法
        街プレ倶楽部まで参加を希望される方の「お名前」「ご住所」「連絡先」を
        ご連絡ください。なるべく、お申込みページ、メール、FAXで。
        電話での受付:平日10時~17時   
         (混雑時、留守番電話受付となる場合があります。必要事項をメッセージとして
          お残しください。) 
        街プレ倶楽部(街プレ編集部内)
          TEL:0428-32-7113 FAX:0428-32-3336 MAIL:info@machipre.net
      ・締切:10月7日 *定員になり次第受付終了

      絹の道・片倉城跡散策コース

      絹の道・片倉城跡散策コース



グループ