散策レポート:八王子城跡と八王子宿西部の歴史・自然めぐり

散策レポート:八王子城跡と八王子宿西部の歴史・自然めぐり

 昨年の「西多摩と周辺の自然と歴史を巡る旅」新規コース第10弾は「八王子城跡と八王子宿西部の歴史・自然めぐり」。12月13日と15日に開催した。
 八王子という地名の由来は、後に八王子城本丸ができた深沢山山頂に祀られた牛頭天王を中心とする八王子信仰にある。牛頭天王を祀った八王子権現の別当寺が八王子城域の玄関ともいえる散策レポート:八王子城跡と八王子宿西部の歴史・自然めぐり
皆さまに支えられ5年目に突入! 本年も「西多摩と周辺の自然と歴史を巡る旅」にご参加ください

皆さまに支えられ5年目に突入! 本年も「西多摩と周辺の自然と歴史を巡る旅」にご参加ください

 2014年にスタートした「西多摩と周辺の自然と歴史を巡る旅」は、以降、皆様の支持を得てほぼ毎月開催し、本年は5年目に突入することになりました。本年もふるってご参加ください。

●4年間を振り返って
◆参加者は通算約2500名
 2年目からは、新規散策コース(月1コース・各2回)と定番散策コース(月1コース・各皆さまに支えられ5年目に突入! 本年も「西多摩と周辺の自然と歴史を巡る旅」にご参加ください

散策レポート:平山城址公園と周辺の自然・歴史めぐり

散策レポート:平山城址公園と周辺の自然・歴史めぐり

 2017年の「西多摩と周辺の自然と歴史を巡る旅」新規コース第9弾は「平山城址公園と周辺の自然・歴史めぐり」。11月29日と12月1日に開催した。かつて平山季重(すえしげ)の館があり、平山氏の故郷とされる平山は日野市。北条氏照を養子に迎えたとされる大石定久の館跡(永林寺、由木城址)とされる由木は八王子市。両市に跨ったコ散策レポート:平山城址公園と周辺の自然・歴史めぐり
街の探検隊:青梅線沿線の砂利運搬鉄道跡

街の探検隊:青梅線沿線の砂利運搬鉄道跡

 12月14日号で、青梅線沿線には、かつて、いくつか砂利運搬鉄道があったことに触れ、青梅線福生河原支線を辿った。今回は、さらに3路線を辿ってみたい。
●拝島駅からの砂利運搬鉄道
 かつて、拝島駅の北方で青梅線に入っていた砂利運搬鉄道があった。東京府拝島側線。多摩川・秋川の合流地点付近の河原で採取した砂利を、国鉄拝島街の探検隊:青梅線沿線の砂利運搬鉄道跡
街の探検隊:青梅線福生河原支線跡と玉川上水旧堀跡

街の探検隊:青梅線福生河原支線跡と玉川上水旧堀跡

 大正から昭和年間にかけて、青梅線沿線には多摩川の砂利を運搬する鉄道がいくつか敷設された。下に導水管が埋設されている直線の道で知られる「羽村山口軽便鉄道」は、貯水池建設のため、多摩川からの砂利運搬にも使用された。羽村堰の南東から福生駅までの「青梅線福生河原支線」も、当時の路線が現在ほぼそのまま一般道として残っている。ま街の探検隊:青梅線福生河原支線跡と玉川上水旧堀跡

イベント

  • 1.国衙跡
    ★ 2018年 02月 28日
    参加者募集!-府中国府と周辺の歴史・自然めぐり(府中市) 

    • 【定番散策コース】昨年開催し好評であったコース。今回はビール工場見学を追加。
       武蔵国の国府が置かれ、古代は東山道武蔵道、中世は鎌倉街道が通り、江戸時代は甲州街道の主要な宿場町として栄えた府中。府中崖線に沿って縄文時代から集落が広がり、古墳時代から飛鳥時代にかけての古墳・古墳群も点在する。近年の発掘調査により、国府の輪郭が見えてきている。街プレ散策としては、国分寺、東村山、高麗郷に続き、いわば東山道武蔵路完結編。
      ・街プレ倶楽部 里山めぐり 申し込みページ:bit.ly/satoyama-oubo
      ・街プレ倶楽部 会員登録はこちらから:bit.ly/machipre_club

      ・開催日:2月28日(水) 雨天中止
      ・定員:各20名
      ・集合:JR南武線西府駅北口9:00
      ・解散:JR南武線分倍河原駅17:10頃
      ・ランチ:府中郷土の森博物館休憩所で「特製弁当」
      ・コース長:約6.6km(歴史館や工場内などのスポット内移動含まず)
      ・参加費:3,400円(ランチ、入館料、保険料、ガイド料等)
          別途交通費が必要です(各自)
           JR:西府駅→府中本町駅(140円)、路線バス:分倍河原駅→郷土の森正面前(180円)
      ・お申し込み
        参加を希望される方の「お名前」「ご住所」「連絡先」を街プレ倶楽部までご連絡ください。
          なるべく、申込みページ、メール、FAXで。
        電話での受付:平日10時~17時(土日休は対応不可)
         (混雑時、留守番電話受付となる場合があります。
          必要事項をメッセージとしてお残しください。) 
        街プレ倶楽部(街プレ編集部内)
          TEL:042-539-3886  FAX:042-539-3838 MAIL:info@machipre.net
      ・ご注意
        サントリー武蔵野ビール工場見学には試飲があります。お帰りには車の運転はできません。
        サントリー武蔵野ビール工場への生物(なまもの)の持ち込みは禁止です。
      ・締切:2月16日 *定員になり次第受付終了

      府中国府と周辺散策コース

      府中国府と周辺散策コース


  • 遊歩道梅林
    ★ 2018年 03月 12日
    高尾梅郷と旧甲州街道の自然・歴史めぐり(3月12日・14日、八王子市) 

    •  裏高尾の旧甲州街道駒木野宿。旧街道沿いには梅林が点在し、早春には梅の香で包まれる多摩屈指の梅郷。小仏関跡など旧街道の面影を残す場所である。
       また、高尾駅北東にある、用水路と旧家の黒い板塀が特徴の甲州街道旧道も、旧街道の面影を残す場所。
      ・街プレ倶楽部 里山めぐり 申し込みページ:bit.ly/satoyama-oubo
      ・街プレ倶楽部 会員登録はこちらから:bit.ly/machipre_club

      ・開催日:3月12日(月)・14日(水) 雨天中止
      ・定員:各20名
      ・集合:JR高尾駅北口9:00
      ・解散:JR高尾駅15:00頃
      ・ランチ:かずきで「特製和ランチ」
      ・コース長:約7.8km
      ・参加費:3,700円(ランチ、保険料、ガイド料等)
          別途交通費が必要です(各自)
            路線バス:高尾駅北口→蛇滝口(200円)
      ・お申し込み
        参加を希望される方の「お名前」「ご住所」「連絡先」「希望日」を
        街プレ倶楽部までご連絡ください。
          なるべく、申込みページ、メール、FAXで。
        電話での受付:平日10時~17時(土日休は対応不可)
         (混雑時、留守番電話受付となる場合があります。
          必要事項をメッセージとしてお残しください。) 
        街プレ倶楽部(街プレ編集部内)
          TEL:042-539-3886  FAX:042-539-3838 MAIL:info@machipre.net
      ・締切:3月5日 *定員になり次第受付終了

      高尾梅郷・旧甲州街道散策

      高尾梅郷・旧甲州街道散策



グループ