散策レポート:高尾梅郷と旧甲州街道の自然・歴史めぐり

散策レポート:高尾梅郷と旧甲州街道の自然・歴史めぐり

 本年の「西多摩と周辺の自然と歴史を巡る旅」新規コース第1弾は「高尾梅郷と旧甲州街道の自然・歴史めぐり」。3月12日と14日に開催した。両日とも暖かな天気で、梅もまさに見頃。参加者一同、梅薫る長閑な里山散策を楽しんだ。
 荒井梅林付近は「撮り鉄」人気の場所。遠くに天神梅林を望む。その梅の里の中を丁度、あずさが通過した散策レポート:高尾梅郷と旧甲州街道の自然・歴史めぐり
福生随一の桜並木のある風景

福生随一の桜並木のある風景

 福生市の「多摩川土手」は桜の名所として広く知られている。五日市線より下流側は確かに多摩川の土手に桜並木が続くが、五日市線より上流の多摩橋(五日市街道)に至る区間(東京法務局西多摩支局付近)は、ちょっと様子が異なる。多摩川の河川敷からは少々離れているのと、河川敷側から、車道、遊歩道、桜並木、一段下がった車道、という形で福生随一の桜並木のある風景
散策レポート:八王子城跡と八王子宿西部の歴史・自然めぐり

散策レポート:八王子城跡と八王子宿西部の歴史・自然めぐり

 昨年の「西多摩と周辺の自然と歴史を巡る旅」新規コース第10弾は「八王子城跡と八王子宿西部の歴史・自然めぐり」。12月13日と15日に開催した。
 八王子という地名の由来は、後に八王子城本丸ができた深沢山山頂に祀られた牛頭天王を中心とする八王子信仰にある。牛頭天王を祀った八王子権現の別当寺が八王子城域の玄関ともいえる散策レポート:八王子城跡と八王子宿西部の歴史・自然めぐり
皆さまに支えられ5年目に突入! 本年も「西多摩と周辺の自然と歴史を巡る旅」にご参加ください

皆さまに支えられ5年目に突入! 本年も「西多摩と周辺の自然と歴史を巡る旅」にご参加ください

 2014年にスタートした「西多摩と周辺の自然と歴史を巡る旅」は、以降、皆様の支持を得てほぼ毎月開催し、本年は5年目に突入することになりました。本年もふるってご参加ください。

●4年間を振り返って
◆参加者は通算約2500名
 2年目からは、新規散策コース(月1コース・各2回)と定番散策コース(月1コース・各皆さまに支えられ5年目に突入! 本年も「西多摩と周辺の自然と歴史を巡る旅」にご参加ください

散策レポート:平山城址公園と周辺の自然・歴史めぐり

散策レポート:平山城址公園と周辺の自然・歴史めぐり

 2017年の「西多摩と周辺の自然と歴史を巡る旅」新規コース第9弾は「平山城址公園と周辺の自然・歴史めぐり」。11月29日と12月1日に開催した。かつて平山季重(すえしげ)の館があり、平山氏の故郷とされる平山は日野市。北条氏照を養子に迎えたとされる大石定久の館跡(永林寺、由木城址)とされる由木は八王子市。両市に跨ったコ散策レポート:平山城址公園と周辺の自然・歴史めぐり

イベント

  • 薬王寺
    ★ 2018年 04月 27日
    参加者募集! 青梅市東部の自然と歴史めぐり(薬王寺のツツジなど)(青梅市、入間市) 

    • [定番散策コース]昨年開催し、好評であったコースです。
       青梅市東部から入間市・飯能市にかけて、霞川北方に広がる加治丘陵周辺は、中世、様々な武士団が活躍した場所。武士団ゆかりの地名や寺社、城郭跡が点在する。広い水田も現存する長閑な場所。薬王寺のツツジ、新町大井戸公園のぼたんの見頃時期に訪れます。
      ・街プレ倶楽部 里山めぐり 申し込みページ:bit.ly/satoyama-oubo
      ・街プレ倶楽部 会員登録はこちらから:bit.ly/machipre_club

      ・開催日:4月27(金) 雨天中止
      ・定員20名
      ・集合:JR八高線金子駅前9:30(例:拝島駅発9:06川越行き)
      ・解散:青梅市新町「旧吉野家住宅」15:00頃
           (小作駅までバス便あり。河辺駅まで徒歩約25分)
      ・ランチ:「藤よし」で「特製寿司ランチ」
      ・コース長:約6.5km
      ・参加費:3,700(ランチ、保険料、ガイド料等)
         途中路線バス移動あり:八雲神社→宮の前、バス代170円(各自))
      ・企画支援:NPO法人青梅まちづくりネットワーク
      ・申込方法
        参加を希望される方の「お名前」「ご住所」「連絡先」を
        街プレ倶楽部までご連絡ください。
          なるべく、申込みページ、メール、FAXで。
        電話での受付:平日10時~17時(土日休は対応不可)   
        (混雑時、留守番電話受付となる場合があります。
         必要事項をメッセージとしてお残しください。) 
        街プレ倶楽部(街プレ編集部内)
          TEL:042-539-3886 FAX:042-539-3838 MAIL:info@machipre.net
      ・締切:4月20日 *定員になり次第受付終了

      青梅東部散策コース

      青梅東部散策コース


  • 9.野火止用水
    ★ 2018年 05月 11日
    参加者募集! 野火止用水・玉川上水と周辺の自然・歴史めぐり 

    • [定番散策コース]昨年開催し好評であったコースです。栽培禁止種のケシの花が見られる。
      武蔵野台地中央部はかつて水が得られず、無住の原野であった。玉川上水開削後、その分水開削により新田開発が進められた。新田開発は主に、狭山丘陵下や国分寺崖線付近に暮らしていた村民によって行われた。野火止用水は玉川上水開削を管轄した松平信綱の領地・川越に至る玉川上水最初の分水。小川用水はそれに続く、この地の新田開発に向けて開削された最も古い分水の一つである。開発当初の寺社、短冊形地割など、新田開発の面影を残す場所です。
      ・街プレ倶楽部 里山めぐり 申し込みページ:bit.ly/satoyama-oubo
      ・街プレ倶楽部 会員登録はこちらから:bit.ly/machipre_club

      ・開催日:5月11(金) 雨天中止
      ・定員20名
      ・集合:西武拝島線東大和市駅改札付近9:30(例:拝島駅発9:10)
      ・解散:西武国分寺線鷹の台駅16:30頃
      ・ランチ:「平家の郷小平館」で「炭焼き霜降りハンバーグ御膳」
      ・コース長:6.9km
      ・参加費:3,500(ランチ、保険料、ガイド料等)
      ・申込方法
         参加を希望される方の「お名前」「ご住所」「連絡先」を
      街プレ倶楽部までご連絡ください。
         なるべく、申込みページ、メール、FAXで。
         電話での受付:平日10時~17時(土日休は対応不可)   
         (混雑時、留守番電話受付となる場合があります。
      必要事項をメッセージとしてお残しください。) 
        街プレ倶楽部(街プレ編集部内)
          TEL:042-539-3886 FAX:042-539-3838 MAIL:info@machipre.net
      ・締切:5月2日 *定員になり次第受付終了
      野火止用水・玉川上水散策コース

      野火止用水・玉川上水散策コース



グループ