散策レポート:北秋川渓谷の自然、歴史めぐり

散策レポート:北秋川渓谷の自然、歴史めぐり

 7月26日と28日に貸し切りバスの旅「北秋川渓谷の自然、歴史めぐり」を開催した。昨年に続いての開催。東京都を代表する滝「払沢の滝」、名勝神戸岩、最後の檜原城主平山氏重終焉の地「千足」、橘高安と為定王子伝説の地「小岩」、檜原村最古の寺「宝蔵寺」など北秋川渓谷の自然と歴史を巡った。
 昨年、モノレールの運行中止で見合わ散策レポート:北秋川渓谷の自然、歴史めぐり
街の探検隊:睦橋通り(かつての伊奈道)下の3つの湧水(あきる野市)

街の探検隊:睦橋通り(かつての伊奈道)下の3つの湧水(あきる野市)

 拝島駅前の整備により、拝島駅から武蔵五日市駅まで、片側2車線のほぼ直線の道が完成した。この道で、武蔵引田駅南方の淵上交差点以東は睦橋(むつみばし)通りと呼ばれる。この道の原型は五日市街道整備以前の「伊奈道」に遡る。江戸城修復にあたった伊奈の石工らが往来した道である。睦橋通りは秋川の段丘崖上にあり、周辺には湧水が点在す街の探検隊:睦橋通り(かつての伊奈道)下の3つの湧水(あきる野市)
サルスベリのある寺(あきる野市、青梅市)

サルスベリのある寺(あきる野市、青梅市)

 西多摩の多くの寺には百日紅(サルスベリ)が植えられていて、真夏の境内を華やかに彩る。百日紅はその名のとおり、7月から10月にかけて長期に花を楽しめる。百日紅は江戸初期に中国から伝来し、主に寺の境内に植えられた。一説には、仏教三大聖木である無優樹(ムユウジュ、別名アショーカ、釈迦が生まれた所にあった木)に似ていたので、サルスベリのある寺(あきる野市、青梅市)
8月の特別開帳

8月の特別開帳

●正福寺地蔵堂(8月8日、東村山市野口町)
 都内唯一の国宝木造建築である。良く知られた鎌倉の円覚寺舎利殿(神奈川県唯一の国宝建築)と瓜二つの建物。共に室町時代禅宗様の代表的建造物である。反り上がった屋根、その下の裳階(もこし)、その間の扇垂木(おおぎだるき)、弓欄間(ゆみらんま)、花頭窓や桟唐戸(さんからと)などを8月の特別開帳
散策レポート:アジサイの高幡不動尊と日野宿の歴史・自然めぐり

散策レポート:アジサイの高幡不動尊と日野宿の歴史・自然めぐり

 本年の「西多摩と周辺の自然と歴史を巡る旅」新規コース第5弾は「アジサイの高幡不動尊と日野宿の歴史・自然めぐり」。雨の関係で6月23日のみの開催となった。日野市は、かつて、多摩きっての米どころ。各所できれいな用水と出会うことができる。今回のコースに含まれる向島用水親水路も、緑に包まれた清流を辿る散策が楽しめるところで、散策レポート:アジサイの高幡不動尊と日野宿の歴史・自然めぐり

イベント

  • 旧新井家住宅
    ★ 2017年 09月 27日
    高麗郷の自然・歴史めぐり(日高市) 

    • [定番散策コース]昨年開催し好評であったコースです。
       昨年は高麗郡建郡1300年であった。奈良時代初め、各地の高句麗渡来人を集結し、高麗若光を首長として造られた。高麗氏ゆかりの聖天院、高麗神社を始め、ヒガンバナとコスモスが咲く巾着田、それを見下ろす旧新井家住宅など、高麗郷の魅力を探訪します。
      ・街プレ倶楽部 里山めぐり 申し込みページ:bit.ly/satoyama-oubo
      ・街プレ倶楽部 会員登録はこちらから:bit.ly/machipre_club

      ・開催日:9月27日(水) 雨天中止
      ・定員:各20名
      ・集合:西武池袋線高麗駅9:10(メイン改札口外の駅前広場、臨時改札口の反対側)
          (例:JR拝島駅8:22-東飯能駅で西武線へ乗換(8:54発 西武秩父行))
      ・解散:JR高麗川駅14:30頃
      ・ランチ:日本料理「あさひ」で「あさひ御膳」
      ・コース:徒歩全長約7.0km
      ・参加費:3,800円(ランチ、保険料、ガイド料等)
      ・街プレ倶楽部まで参加を希望される方の「お名前」「ご住所」「連絡先」をご連絡ください。
          なるべく、お申込みページ、メール、FAXで。
        電話での受付:平日10時~17時(土日休は対応不可)
         (混雑時、留守番電話受付となる場合があります。
          必要事項をメッセージとしてお残しください。)
        街プレ倶楽部(街プレ編集部内)
          TEL:042-539-3886 FAX:042-539-3838 MAIL:info@machipre.net
      ・締切:9月20日 *定員になり次第受付終了

      高麗郷散策コース

      高麗郷散策コース


  • 薬師如来坐像(イラスト)
    ★ 2017年 10月 10日
    武蔵国分寺跡と周辺の歴史、自然めぐり(国分寺市) 

    • [定番散策コース]昨年実施し、好評であったコース。本年は重要文化財薬師如来坐像の年1度の開帳日に開催します。

       奈良時代、全国に建立された国分寺と国分尼寺。その中でも武蔵国分寺・国分尼寺は最大級のものであった。国分寺崖線を背にし、豊かな自然と湧水に恵まれ、太古から人が住んだことを示す遺跡が点在する。しかも東山道武蔵路(とうさんどうむさしみち)が通り、国分寺・国分尼寺建立には最適の場所であった。敷地の北方には、旧国鉄中央鉄道学園跡地が現在広い公園となっており、東山道武蔵路が発掘・再現され、発掘整備中の武蔵国分寺跡と合わせ、あたり一帯が古代を偲ばせる憩の地となっている。

      ・街プレ倶楽部 里山めぐり 申し込みページ:http://bit.ly/satoyama-oubo
      ・街プレ倶楽部 会員登録はこちらから:http://bit.ly/machipre_club

      ・開催日:10月10日(火) 雨天中止
      ・定員:各20名
      ・集合:JR西国分寺駅9:30
      ・解散:JR国分寺駅14:30頃
      ・ランチ:日本料理「いらか」で旬彩弁当「嵯峨」
      ・コース:全長5.4km
      ・解散後、希望者で「殿ヶ谷戸庭園」入園(入園料150円(65才以上70円*)、各自)
            JR国分寺駅15:30頃解散。      *年齢証明できるものをご持参方
      ・参加費:3,700円(ランチ、入館料(武蔵国分寺跡資料館)、保険料、ガイド料等)
      ・お申し込み
      ・街プレ倶楽部まで参加を希望される方の「お名前」「ご住所」「連絡先」をご連絡ください。
        なるべく、お申込みページ、メール、FAXで。
        電話での受付:平日10時~17時(土日休は対応不可)   
         (混雑時、留守番電話受付となる場合があります。
          必要事項をメッセージとしてお残しください。) 
        街プレ倶楽部(街プレ編集部内)
         TEL:042-539-3886 FAX:042-539-3838 MAIL:info@machipre.net
      ・締切:10月3日 *定員になり次第受付終了

      武蔵国分寺跡と周辺の散策コース

      武蔵国分寺跡と周辺の散策コース



グループ