散策レポート:府中国府と周辺の歴史・自然めぐり

散策レポート:府中国府と周辺の歴史・自然めぐり

 「西多摩と周辺の自然と歴史を巡る旅」の本年第一弾は、「府中国府と周辺の歴史・自然めぐり」。2月24日と26日に開催された。府中の歴史的魅力は、発掘調査が現在進行形であることだ。日本最大の上円下方墳である熊野神社古墳、国衙地域中枢建物跡(大國魂神社境域とその周辺)や国司館・府中御殿跡(府中本町駅に隣接する広い更地)の本散策レポート:府中国府と周辺の歴史・自然めぐり
西多摩の桜スポット

西多摩の桜スポット

西多摩では身近に桜を楽しめる場所が多い。その夫々が他にない魅力を持っている。少し足を伸ばして、色々な桜の魅力に触れてみよう。

(1)川沿いの桜並木
 多摩川、秋川、平井川、玉川上水の夫々に、川沿いや土手上の桜並木が楽しめるスポットが多い。
 多摩川沿いでは、羽村堰(羽村市)と永田橋~睦橋間(福生市)の桜並木は西多摩の桜スポット

西多摩の梅と桃の名所

西多摩の梅と桃の名所

●境内を包む梅の香り(福生神明社、福生市)
 梅の名所として知られる福生駅北西の福生神明社。境内全体が多種類の梅で彩られる。例年、野点(のだて)も行われ、花見客で賑わう。駅から近いので、西多摩で最も気軽に足を運べる梅見場所のひとつ。2月下旬から3月初めが例年の見頃。

●霞のようにたなびく境内の梅(徳雲院、あきる西多摩の梅と桃の名所

昭和初期の香り残る津雲邸で「雛まつり展」開催(青梅市)

昭和初期の香り残る津雲邸で「雛まつり展」開催(青梅市)

●津雲邸
 JR青梅線青梅駅東方の住吉神社前から青梅街道を南に下る小径沿い、延命寺や宗建寺がある、かつての青梅宿の東端にあたる場所に、趣ある門と日本建築の屋敷がある。戦前から戦後にかけて衆院議員だった青梅の名士、津雲國利(つくもくにとし)が所有していた邸宅だ。建物は京都の宮大工を呼んで施工したもので、昭和期の木造民家昭和初期の香り残る津雲邸で「雛まつり展」開催(青梅市)
散策レポート:府中用水・根川緑道とその周辺の自然・歴史めぐり(国立市、立川市)

散策レポート:府中用水・根川緑道とその周辺の自然・歴史めぐり(国立市、立川市)

 作年の「西多摩と周辺の自然と歴史を巡る旅」新規コース第9弾「府中用水・根川緑道とその周辺の自然・歴史めぐり」は、12月7日、9日に合わせて49名の参加者で実施した。谷保天満宮脇の湧水の流れに始まり、府中用水谷保分水、矢川、ママ下湧水、府中用水、根川、残堀川と、立川・青柳崖線からの湧水や、崖線下の水の流れを辿る一日であ散策レポート:府中用水・根川緑道とその周辺の自然・歴史めぐり(国立市、立川市)

イベント

  • 平井川下流の桜並木
    ★ 2017年 04月 03日
    参加者募集! 平井川下流と周辺の桜名所めぐり(あきる野市) 

    • <定番散策コース>昨年開催し、「桜漬けの一日であった」と、好評を頂いたコースです。
       桜の名所として賑わう福生市の多摩川土手、平井川はその付近で多摩川こ合流する。平井川下流は比較的川幅の狭い両岸に、桜に包まれた遊歩道が続き、いつも静かな散策が楽しめる場所。近くには、あきる台公園や、さくら通りなどの桜並木、また、普門寺、眞城寺、出雲神社の枝垂れ桜など、美しい桜で知られた場所が多い。
      ・街プレ倶楽部 里山めぐり 申し込みページ:bit.ly/satoyama-oubo
      ・街プレ倶楽部 会員登録はこちらから:bit.ly/machipre_club

      ・開催日:4月3日(月)雨天中止、(3月31日(金):倶楽部会員様事前予約向け開催日)
      ・定員:20名
      ・集合:JR東秋留駅北側ロータリー9:20
      ・ランチ:あきる野海山で「刺身御膳」
      ・午前の部解散:JR秋川駅14:30頃
      ・午後の部。解散:JR武蔵引田駅16:00頃 
      ・コース長:午前の部5.8km、午後の部1.7km
      ・参加費:3,700円(ランチ・マイクロバス、保険料、ガイド料等)
      ・お申込み
        街プレ倶楽部まで参加を希望される方の「お名前」「ご住所」「連絡先」を
        ご連絡ください。
          なるべく、申込みページ、メール、FAXで。
        電話での受付:平日10時~17時(土日休は対応不可)
         (混雑時、留守番電話受付となる場合があります。
          必要事項をメッセージとしてお残しください。) 
        街プレ倶楽部(街プレ編集部内)
          TEL:042-539-3886 FAX:042-539-3838 MAIL:info@machipre.net
      ・締切:3月24日 *定員になり次第受付終了

      平井川下流と周辺の桜名所めぐりコース

      平井川下流と周辺の桜名所めぐりコース


  • 4.野川
    ★ 2017年 04月 06日
    参加者募集! 春の野川と周辺の自然・歴史めぐり(小金井市・府中市) 

    •  小金井の地名は「黄金に値する豊かな水が湧く」ことに由来するといわれる。国分寺崖線からの湧水が点在し、それを集めた流れが野川である。野川は、玉川上水・小金井公園と並ぶ桜の名所。小金井、府中両市を跨ぐ武蔵野公園は種類が多く、長く桜を楽しめる場所。
      ・街プレ倶楽部 里山めぐり 申し込みページ:bit.ly/satoyama-oubo
      ・街プレ倶楽部 会員登録はこちらから:bit.ly/machipre_club

      ・開催日:4月6日(木) 雨天中止
      ・定員:各20名
      ・集合:JR武蔵小金井駅南口9:30
      ・解散:JR武蔵小金井駅16:00頃
      ・ランチ:北海道特産料理「コタン」で「特製ミニ会席」
      ・コース長:約6.8km
      ・参加費:4,000円(ランチ・マイクロバス、入園料、保険料、ガイド料等)
      ・滄浪泉園の割引料金入園のため、60才以上の方は年齢確認できるものをご持参ください。
      ・お申し込み
        参加を希望される方の「お名前」「ご住所」「連絡先」をご連絡ください。
          なるべく、申込みページ、メール、FAXで。
        電話での受付:平日10時~17時(土日休は対応不可)
         (混雑時、留守番電話受付となる場合があります。
          必要事項をメッセージとしてお残しください。) 
        街プレ倶楽部(街プレ編集部内)
          TEL:042-539-3886 FAX:042-539-3838 MAIL:info@machipre.net
      ・締切:3月29日 *定員になり次第受付終了

      春の野川散策コース

      春の野川散策コース


  • 薬王寺
    ★ 2017年 04月 26日
    青梅市東部の自然と歴史めぐり(薬王寺のツツジなど)(4月26日・28日、青梅市・入間市) 

    •  青梅市東部から入間市・飯能市にかけて、霞川北方に広がる加治丘陵周辺は、中世、様々な武士団が活躍した場所。武士団ゆかりの地名や寺社、城郭跡が点在する。広い水田も現存する長閑な場所。薬王寺のツツジ、新町大井戸公園のぼたんの見頃時期に訪れます。
      ・街プレ倶楽部 会員登録はこちらから➡bit.ly/satoyama-oubo
      ・街プレ倶楽部 会員登録はこちらから➡bit.ly/machipre_club

      ・開催日:4月26(水)・28(金) 雨天中止
      ・定員20名
      ・集合:JR八高線金子駅前9:30(例:拝島駅発9:06川越行き)
      ・解散:青梅市新町「旧吉野家住宅」15:00頃
           (小作駅までバス便あり。河辺駅まで徒歩約25分)
      ・ランチ:「藤よし」で「特製寿司ランチ」
      ・コース長:約6.5km
      ・参加費:3,600(ランチ、保険料、ガイド料等)
         途中路線バス移動あり:八雲神社→宮の前、バス代170円(各自))
      ・企画支援:NPO法人青梅まちづくりネットワーク
      ・申込方法
        街プレ倶楽部まで参加を希望される方の「お名前」「ご住所」「連絡先」「希望日」
        をご連絡ください。なるべく、申込みページ、メール、FAXで。
        電話での受付:平日10時~17時(土日休は対応不可)   
         (混雑時、留守番電話受付となる場合があります。
          必要事項をメッセージとしてお残しください。) 
        街プレ倶楽部(街プレ編集部内)
          TEL:042-539-3886 FAX:042-539-3838 MAIL:info@machipre.net
      ・締切:4月19日 *定員になり次第受付終了

      青梅市東部散策コース

      青梅市東部散策コース



グループ