年に一度の重要文化財開帳-武蔵国分寺薬師如来坐像(国分寺市)

年に一度の重要文化財開帳-武蔵国分寺薬師如来坐像(国分寺市)

 武蔵国分寺薬師堂の木造薬師如来坐像が10月10日に開帳される。例年、11時から法要が行われ、その後16時頃まで自由に拝観できる。平安時代末頃の作とされる。寄木造り。高さは2m弱。国指定重要文化財。
 鎌倉時代末期に、分倍河原の戦で敗れた新田義貞が放った火で武蔵国分寺が焼失したが、この仏像は難を逃れた。寺の縁起には、年に一度の重要文化財開帳-武蔵国分寺薬師如来坐像(国分寺市)
西多摩の寺で百日紅が見頃!

西多摩の寺で百日紅が見頃!

 西多摩の多くの寺では百日紅が植えられていて、今年も華やかに境内を飾っている。百日紅はその名のとおり花を楽しめる期間が長く、9月いっぱい程まで楽しめる。
●宝蔵寺(あきる野市菅生)
 あきる野市菅生の宝蔵寺(尾崎観音の名で知られる)は、境内の各所に赤やピンクの百日紅が植えられていて、この時期、美しい百日紅が楽しめる西多摩の寺で百日紅が見頃!
散策レポート: 北秋川渓谷の自然、歴史めぐり(檜原村)

散策レポート: 北秋川渓谷の自然、歴史めぐり(檜原村)

 本年の「西多摩の自然と歴史をめぐる旅」新規コース第5弾は、貸し切りバスでの「北秋川渓谷の自然、歴史めぐり」。7月27日・29日に合わせて45名の参加者で開催した。本宿、千足、白倉、神戸、小沢、小岩、藤倉と、北秋川渓谷の要所要所に立ち寄り、地名の由来、歴史背景、自然、風景に触れた。北秋川渓谷で最も早く拓けた地という小岩散策レポート: 北秋川渓谷の自然、歴史めぐり(檜原村)
散策レポート:多摩湖自転車道

散策レポート:多摩湖自転車道

 本年の「西多摩と周辺の自然と歴史をめぐる旅」新規コース第4弾は、「多摩湖自転車道と周辺の自然・歴史めぐり」。天候のせいで6月29日のみ27名の参加者で開催した。西武線八坂駅・九道の辻から、ライシャワー記念館まで野火止用水を辿り、花小金井駅から小平駅まで多摩湖自転車道を辿り、ガスミュージアムと江戸東京たてもの園を訪れた散策レポート:多摩湖自転車道
7月から8月に西多摩で見頃となる花のスポット

7月から8月に西多摩で見頃となる花のスポット

●ダリア(秋川橋河川公園、あきる野市)
 五日市駅南方の秋川橋河川公園南の「あゆみ橋」の両袂にダリア園があり、見頃になっている。白と赤が中心でピンクも混じる。花の期間は長く、10月頃まで楽しめる。

●キキョウ(玉林寺、あきる野市)
 キキョウは絶滅危惧種。草地に生える野生のキキョウはめっきり減ってきた。生えて7月から8月に西多摩で見頃となる花のスポット

イベント

  • 旧新井家住宅
    ★ 2016年 10月 14日
    参加者募集:高麗郷の自然・歴史めぐり(日高市) 

    •  本年は高麗郡建郡1300年。奈良時代初め、各地の高句麗渡来人を集結し、高麗若光を首長として造られた。
      高麗氏ゆかりの聖天院、高麗神社を始め、コスモスが咲く巾着田、それを見下ろす旧新井家住宅など、高麗郷の魅力を探訪します。
      ・街プレ倶楽部 里山めぐり 申し込みページ: bit.ly/satoyama-oubo
      ・街プレ倶楽部 会員登録はこちらから: bit.ly/machipre_club

      ・開催日:10月14日(金)雨天中止 (10月12日(水):倶楽部会員様事前予約向け開催日)
      ・定員:各20名
      ・集合:西武池袋線高麗駅9:10
           (例:JR拝島駅8:22-東飯能駅で西武線へ乗換(8:52発 西武秩父行))
      ・解散:JR高麗川駅14:30頃
      ・ランチ:日本料理「あさひ」で「あさひ御膳」
      ・コース:徒歩全長約7.0km
      ・参加費:3,800円(ランチ、保険料、ガイド料等)
      ・お申し込み
        街プレ倶楽部まで電話、FAX、メールで、
        参加を希望される方の「お名前」「ご住所」「連絡先」をご連絡ください
        街プレ倶楽部(街プレ編集部内)
          TEL:042-539-3886  FAX:042-539-3838 MAIL:info@machipre.net
        時間 平日10時~17時(土、日、休日対応不可)
      ・締切:9月30日 *定員になり次第受付終了

      高麗郷散策コース

      高麗郷散策コース


  • 9.2.森田家住宅主屋
    ★ 2016年 10月 28日
    参加者募集! 秋留台地東部の自然と歴史めぐり(あきる野市) 

    • 秋留台地東部は秋川、平井川、多摩川に三方を囲まれ、古来より湧水が豊富で、早くから農地や水田が広がり、小川の牧で知られる官牧が営まれた歴史ある土地。縄文、弥生時代の古墳も点在する。また、中世から近世にかけての主要な街道が交わった場所で、歴史ある神社や寺が多い。
      ・街プレ倶楽部 里山めぐり 申し込みページ:bit.ly/satoyama-oubo
      ・街プレ倶楽部 会員登録はこちらから:bit.ly/machipre_club

      開催日:10月28日(金) 雨天中止 定員:20名
      集合:JR東秋留駅北側ロータリー9:20
      解散:JR東秋留駅15:00頃 
      ランチ:森田家住宅敷地内のお店で「季節の久森ランチ」
      コース:全長4.6km
      参加費:3,500円(ランチ、保険料、ガイド料等)
      お申し込み
        街プレ倶楽部まで電話、FAX、メール、インターネットで、参加を希望される方の
      「お名前」「ご住所」「連絡先」をご連絡ください
        街プレ倶楽部(街プレ編集部内)
          TEL:042-539-3886  FAX:042-539-3838 MAIL:info@machipre.net
        時間 平日10時~17時(土、日、休日対応不可)
      ・締切:10月21日 *定員になり次第受付終了

      秋留台地東部の散策コース

      秋留台地東部の散策コース



グループ